Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

薄荷塔日記

飛び石を渉れない。

Adventer colums

 www.adventar.org

 アドヴェント・カレンダってご存知ですか?
 12月1日から、25日のクリスマスまで、1日にひとつ、日捲りなどをするカレンダのことです。例えば、その日の扉を開けたらなかに天使の絵が描いてあったり、又はその日のチョコレイトが出てくる仕組みだったり、又はもみの木とセットになっていてその日のオーナメントを取り出し、25日には25日にはすべて飾り付けられたツリーが出来上がる……それは、私にとってとてもロマンティックなものなのです。クリスマスはやさしい心ときれいなものの集まる季節だと思います。

 実家に住んでいた頃は、毎朝、いちばん最初に起きた子がアドヴェントカレンダの今日の箱を開けて、ツリーにオーナメントを飾っていました。私は大抵早起きにかけて弟に負けちゃうのですが……。


 というわけで、ブログ上で日付毎にエントリを書いてクリスマスまで繋げてゆく、 Adventerという企画に参加することにしました。なかなか、体調を崩すと何も出来なくなるので恐ろしいのですが、事前に予約投稿する気合でやってみようと思います。ブログを持っていらっしゃって、上記リンクから好きなテーマが見つかった方はお気軽に参加されては如何でしょうか。私はお気軽に登録してしまいました。


 雑貨屋さんや、カトリックのものが売っているお店(よく教会の隣にあります)で、よかったらアドヴェントカレンダを手にとってみてください。きらきらしていたり、心を込めて作ってあったり、素敵な絵が描いてあったり、子どもが喜ぶお菓子が入っていたり(おとなも喜びます)、どれもきれいできっと誰にでもやさしい。イエスさまの誕生の為にお祈りをする習慣のひとではなくても、きれいでやさしい、それはとても嬉しいことだと思うのです。