薄荷塔ニッキ

飛び石を渉れない。

TOKIWA Park

 

 ときわ公園に行った。大森靖子が「ミッドナイト清純異性交遊」で

 ときわ公園 空飛ぶ自転車
 14歳で見つけた桃色のうさぎ

 と歌い、一躍ファンのなかでは有名になった「ときわ公園」つまり道重さゆみさんの実家の近くの遊園地である。道重さゆみさんでもあるが、私も宇部市に帰省したときはいつも遊びに行っていたので、馴染みの遊園地……なのだが、10年以上間を空けて遊びに行ったら色々改修工事がなされて大変な場所になっていた。いや、前から大変面白かったのだけど……正直に云うと、私は物知らずな子どもだった為、「遊園地とはディズニーランド、それから、ときわ公園」だと思っていて、他の遊園地のことなど何も知らなかった。

 

「単線に乗りたい」
 というCさんに応えるべく、宇部駅で40分ほど待って宇部線に乗り、常盤駅で下車。常磐線はジョウバンセンというらしいが、常盤駅の読みはトキワだ。海が見える無人駅からときわ公園まで歩く。

 


 楽しかったけれどわけが分からなかった。
 本当にわけわからなかった。
 何がわけが分からなかったって、世界中のお猿たちを3時間も観て歩いたことがとんでもない体験で、世界中のお猿を3時間観て回っても、ときわ公園は全く制覇出来ず、4、5日くらい掛けなければ全部見学出来ないのではないだろうか(キャンプ場もあるのでそこで寝泊まりして5日過ごせば良いのだろう)
 Cさんも私も軽くショックを受けてときわ公園というユートピアから帰ってこれないあたまでその後数日を過ごすことになる。熱中症になりかけながら、延々3時間園内を周って猿類ばかり観て、しかしそれがときわ公園を一周するの何分の一にもならなかったのだ。あとは、暑さにやられていたけれどなんとかピラフを食べられた場所で、むかし末弟がサボテンピラフを食べたという情報を得た。

 Cさんは、動物園に入って速攻、私が神様のモデルとなった猿、という貴重種ボスみたいな猿に「こんちわっす」と挨拶をしたら猿も「おっきたな」みたいなリアクションを取ったのでさーっと引いていって「何このひとたち……」とびびっていました。ひとっていうか、私はヒトだが一方は猿です。

 

 フラミンゴとかアルパカとかも観たのですが、何せ猿が多過ぎてインパクトが薄い……。あんなミニマムな地帯をぐるぐる周りながら世界中各種の猿を見せるなんて反則過ぎる。楽しかった。疲れた。暑かった。猿だった。

 

 貴重な猿だった。

 しかしCさんと動物園ばかり観ていたわけではなくてですね、メリーゴーラウンドと観覧車とゴンドラに乗って、わあ、恋人みたいぢゃん! とちょっとはしゃいだりしました。

 

 良い笑顔。

 

 遊園地は楽しかったけれど白鳥池も植物園もカッタくんステージも全然観られないまま帰途についたのでした……。
 白鳥と云えば、子どもの頃絵日記に描いたハクチョウとコクチョウの池に行きたかったのですが、数年前の鳥インフルエンザの為に鳥たちは居なくなってしまったとのこと。悲しい。ペリカンカッタくんも長寿だったけれどもう死んでしまったね。でも新しいお猿ランドがすごいし遊園地はぴかぴかでキラキラしていたね。お兄さんやお姉さんが、ひとりやふたりだけが観覧車に乗る為に(観客が並んでいたりはしないのだ)笑顔で出迎えて乗り物を動かしてくれるのでとても素敵だった。

 末弟に、
「ときわ公園行きなよ」とLINEをしたら、
「大森さんのライヴがあったら行く」と返信がきましたが、そんなことしたら宇部線常盤駅もファンが殺到して大変なことになる……!

 


 とーきわ公園空飛ぶ自転車
 ラララのピピピ、ラララのピピピ、ラララのピピピ、らら、ららら。