薄荷塔ニッキ

飛び石を渉れない。

uso.

 ポエトリーサラダボウルという詩のイヴェントに、去年出演してきたのですが、共演者の瀧村鴉樹(敬称略)が「泉由良とにゃんしーは、精神障害者だから自分たちを目立たせろと主張した」と今更またまた大嘘をかましと聞いて、そんなことするわけないじゃん、だいいち泉とにゃんしーの精神状態なんか知るわけないし、目立たせろとか云ってないし、と苦笑も出来ない。
 もしかして新聞に報道されたのがにゃんしーさんだったことを「目立たせた」と云ってるのかな? 判らないな。面白かったひとが新聞に載っただけだし。というか、他人を精神障害者と偽るのって名誉毀損で訴えられる案件ですよね、そして無かったことを云うの、病気だね、大嘘つきだね、凄いなあ、酷いなあ。
 と、思ったのですが、当時の瀧村(敬称略)のtweetを載っけておいた場所を見ると、魂が濁りそうだったので、ここにちゃんとした記事を書こうにも気分が悪過ぎて無理が大きいです。
 いや、過去のtweet見ると、「目立ってなかったのは自分の所為だよ、下手だからだよ」みたいなことを云ってたんじゃなかったかな……あまり過去のtweet見ると気分が悪いので確認したくない……。自分を慰める為の言語ならどんな大嘘も反吐のようにえろえろ吐くひとですね、あ、自慰が好きなのか。

 うーん、でもね。ポエトリーリーディングというより暗黒舞踏の真似事をして蠢きながらもごもご云ってたひとがよく詩人とか名乗りますよね、瀧村さん。ライヴ会場のキャパを知ろうともせず、スクリーンを使いたいだのピンマイクを出せだの、我儘を云って。平川綾真智・元ヤマサキ深フユ(敬称略)と3人で会場入りしても設営を手伝うことも無くマイクテストで声を出して騒いで(近所から苦情がきて)、(聞いたところによると前夜酒気帯びで会場に寄ったわりに、忙しいスタッフさんの邪魔をして)何のお客様気取りでしょうね。それであのパフォーマンス? 目の周りパンダにしないと詩が読めないの?(読んでなかったけど)
 山崎さんと平川さんについては別に感じることがあるので、一応言及しないのですが、本当に下手な3人組だこと。
 瀧村さんのは、ただ舞台に居ただけじゃないですか、詩じゃないでしょう。文章表現で訴えてみせて欲しいな。文学極道のスタッフといえども、詩が書けませんよね、貴女は。そのうえ瀧村さんと平川さんのお陰で文学極道関係から不審な電話が入って、警備の用意やお金が掛かったでしょう。打ち上げを文学極道のみのオフ会として開催したから、私と揉めたでしょう。自分が司会担当になった時間は、コメンテータとして控えていた泉とにゃんしーにマイクを渡さなかったでしょう。

 やっぱり、舞踏に似たものを見ると、教えていただいた三上賀代先生や三上先生の見せてくださった土方巽大野一雄から受けた感動と、そして三上ゼミのひとたちのパフォーマンスや京大西部講堂で上演されているものと較べてしまうし、だから出来てないものは、駄目ですね。ばれます。高知県の方は騙せるのかも知れませんが。初見の方は「なんか黒くて凄い」と思ってしまうかも知れませんが。勘違いですよ。

 更に、もしポエトリーリーディングのひとだと仮定しても、私が田舎の日曜オープンマイカーなんか相手にするわけないじゃん。ついでに凄い悪いこと云うと、高知県にアングラなんかあるわけないじゃん。自称アングラ野生児へ、知っとけよと云いたい。

   
 ポエトリーサラダボウルのイヴェントは撮影、ネット上の放送を許可されていない筈です。平川さんも他の方も一般の方も、勝手にツイキャスyoutubeに上げないでください。