薄荷塔日記

飛び石を渉れない。

travel memory

18日の記事はAdvent Calendarのテーマ「旅」についてです。

 顎の手術をした友人の快気祝いを兼ねて、3月末に山口へ帰省する途中、広島の尾道に寄りました。尾道は、大好きな、大好きな場所です。日曜にゆく予定が雨の予報が出たので急遽土曜にしたのですが、桜が素晴らしかったです。そういえばお花見の季節に来るのは初めてなのでした。お茶会だか歌会だかをしているらしく、普段は空いている海沿いの道にテントがありました。先ずは尾道ラーメンでお昼ご飯。それから、坂を上ってゆきます。

 

 帆雨亭のいっとう桜が美しい席で、ゆっくりとのみものをのんで話しました。陽気が射し、久々の友人は可愛く懐かしく楽しく、桜に取り囲まれた世界でひとときを過ごしました。

 
 

 
 
 
 
 坂を下って海辺の堤防へ。ここでは定番のアイスもなかです。春の少し冷たい風のなかで食べる方が真夏よりも美味しかったりします。

 

 海沿いで友と喋りながら食べ、海の向こうの景色をiPhoneで撮りました。渡し船があって、その船を使って通学・通勤しているひとたちがいるのです。映画『ふたり』でも印象的な船です。

 

 謎の帽子を被ったにゃんしーさんは、良いカメラで沢山写真を撮っていました。

 

 春は名のみの放浪羇 / 泉遊体

 夕食は折角の広島ですので、3人でお好み焼きを食べましたー。
 友と喋っていたらあっという間でしたね。大事な大事なことを喋ったわけではなくて大体雑談なのですが、それが全部、本当はとっても大事なものなんです。