薄荷塔日記

飛び石を渉れない。

between the conversation

 

Lost in Conversation

Lost in Conversation

 王木亡一朗氏の『Lost in Conversation』を読みました。
 急ぎめに読んだあと、23日の文学フリマ東京で初めて王木さんご自身にお目にかかって会話を交わしたので、もう一度読みました。これ重要な点で、再読に耐えうる本だってことです。面白いんですよ。

「王木さん、ちょっと書き方のポジション変えられたんですか?」
「そうですね〜」

 なんて言葉を交わしたのですが(この私の知ったかぶり具合!)再読したあとで思ったことは、《王木亡一朗、平常運転じゃないか!!》でした。平常心でしたよ。変わらないですよ。そんなに豹変してないですよ。その点もっと書き尽くしたいのですが、私は今、23日に提出するべき原稿を、原稿用紙からMacに写す作業をしないと申し訳なくて背骨がひん曲がる状況にありますので今はここ迄。面白かった本かと云えば、良かったです、良かったです。今後大作家になる前に知っておいた方がハピネスですよ。

 『このセルフパブリッシングがすごい!2016』で私が4位に挙げた、通称『アワナン』も本当に良かったです。こういう本を書くひとが、同じ昭和60年生まれだなんてなんだか嬉しい。私は早生まれなので、詩誌84に交じったり昭和60年生まれだわーと云ったりする蝙蝠野郎です。最果て。

 

Our Numbered Days

Our Numbered Days

  王木亡一朗:作品一覧、著者略歴
 ouki-bouichirou.hatenablog.com
note.mu


 王木氏の電子書籍著作は、楽天koboiBooks Storeでも購入出来ます。私は本当はiTunesStoreで買う電子書籍が一番好きです。

 

Lost in Conversation

Lost in Conversation

  • 王木亡一朗
  • 小説/文学
  • ¥320

 
Our Numbered Days

Our Numbered Days

  • 王木亡一朗
  • 小説/文学
  • ¥380

 
秋の夜長:(What’s the Story)Autumnal Nights?

秋の夜長:(What’s the Story)Autumnal Nights?

  • 王木亡一朗
  • 小説/文学
  • ¥250

 
夏の魔物 Out of Standard

夏の魔物 Out of Standard

  • 王木亡一朗
  • 小説/文学
  • ¥250

 私が初めて読んだのは『夏の魔物』でした。そのあとはずぶずぶ。好きですよ! 飛ぶ前に読め!


 夜通し栓抜きを探し、原稿用紙を探し、泣きながら過ごしている十一月の末です。私が泣くことよりも、締切日を過ぎても提出していないことの方がいけないことです。最果て。