Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

薄荷塔日記

飛び石を渉れない。

Gymnasium

イグアナの娘 (小学館文庫)

イグアナの娘 (小学館文庫)

半神 (小学館文庫)

半神 (小学館文庫)

ウは宇宙船のウ (小学館文庫)

ウは宇宙船のウ (小学館文庫)

11月のギムナジウム (小学館文庫)

11月のギムナジウム (小学館文庫)

 開くと読んでしまいますね。
 『半神』と『ウは宇宙船のウ』が手元に無くて、それでも「半神」と「霧笛」と、温室に少年がいる話……(借りた漫画で思い出せない)が読みたいので困っています。

 これは私のバイブルの一冊。キリスト教徒なのに聖書以外をバイブルとか云って良いんでしょうか(良くない)
 

戯曲 半神

戯曲 半神



 以下は物欲。私に××××円使っていいよって誰か許可をください。

 

 いや、リーメントを集めようとしたら墓地が近くなるでしょう許可要らないです……はぁ……。
 なんかこう、10回何かを頑張ったら何かして良い、みたいなルールを作りましょうか……許されるのでしょうか、赦されるのでしょうか……。

 以下は買わない物欲。夫が「次のイヴェントの前にPINK HOUSE買いたい?」とか云ったので「あなたワンピースが幾らするのか分かってるの!!!!??????????」みたいに思いました。はい。思いました。うん、そう考えるとムック本欲しいな。あれ? 買わない物欲……。

 

PINK HOUSE 35th ANNIVERSARY BOOK (e-MOOK 宝島社ブランドムック)

PINK HOUSE 35th ANNIVERSARY BOOK (e-MOOK 宝島社ブランドムック)

PINK HOUSE 2016 Ribbon tote bag (e-MOOK 宝島社ブランドムック)

PINK HOUSE 2016 Ribbon tote bag (e-MOOK 宝島社ブランドムック)

 付属のトートバッグは私は要らないんだけどな……。


 今日はEPUBを組み、webを作り、夕食後暫くして眠ってしまって、やべ・私今日メールするって云ったのにもう2、3時!? と思った起きたら23時だったので拍子抜けして、2時間ほど眠ったら満足してしまう自分はふわふわしています。昨日眠っていないんだけど……。
 あと、友だちが蝶々の綺麗な封書を送ってくれて、お返事を書けていないままにとうとうメールで返事をしてしまったらそのあと暫く遣り取り出来て嬉しかったです。
「台湾から帰ったら赤い靴が失くなっちゃったんだよ!」
 と云ったら、
「赤い靴失くなっちゃたの? 赤い小さい靴?」
 と、数年逢っていないのに私が大事に履いていた赤い靴を覚えていてくれるような、そんな子です。大事にしなくちゃ、靴じゃなくて(靴もだけど)、彼女の存在を。

  

  

cannibal

 

ユリイカ2001年6月臨時増刊号 総特集=野田秀樹

ユリイカ2001年6月臨時増刊号 総特集=野田秀樹

野田秀樹 (文藝別冊/KAWADE夢ムック)

野田秀樹 (文藝別冊/KAWADE夢ムック)

 ユリイカの方を読み直して、天皇制とは・戦争とは、と頭を煮えさせながら、河出の方を注文したらユリイカよりもライトな感じかも知れない……ので困惑しています。天皇制とは、という点では『パンドラの鐘』を、戦争とはという話では『ロープ』と『オイル』の戯曲を先ず読みたいなあと思うのですが(『Right Eye』もかな?)本当は『赤鬼』に出てくるように、戦いの本質はカニバリズムなのではないかと思ったりしました。もうちょっとユリイカの方を精読します。
 『オイル』はWOWOW放映時に録画したので、しょっちゅうDVDで観たり録音した科白をイヤフォンから聴いたりしているのですが、戯曲の方は全て未読です。『パンドラの鐘』は先輩が演劇部で上演していた……というか、NODA MAPの演劇をするのが私の出身校では流行していたような気がします。戯曲を見せてくれる劇作家って良いですよね。

 やっぱり、戦争は「殺すか・殺されるか」ですがそれは憎悪(感情)のレヴェルであって、殺しあったあとの世界で生死としては「喰うか(生きるか)喰わないか(死ぬか)」がくるのかなと思うし、テーマの窮極を探すならカニバリズムとの葛藤なんだろうなあと感じます。

 とか思っているのに文藝別冊KAWADE夢ムックはライトな、芸能界やお芝居の世界の方をフューチャリングされている気がして困ったな。

「英、君は血を流したんだよ!」

「形が違うって言うの? 人々を爆弾で吹っ飛ばしたり、正確な包囲網で攻め減ぼしたりするのが尊い形なの?」

 『贋作・罪と罰』で江戸幕末、幕府の塾生、才谷と英の会話は、一瞬アメリカ空撃、自爆テロ、日本の在り方に飛ぶ。この一瞬の一言だけ現代に飛ぶ。その飛躍のようなものに震える。

 

20世紀最後の戯曲集

20世紀最後の戯曲集

二十一世紀最初の戯曲集

二十一世紀最初の戯曲集

21世紀を憂える戯曲集

21世紀を憂える戯曲集

赤鬼 [DVD]

赤鬼 [DVD]


   

tape ex.

 取り敢えず素敵だなと思ったものは此処にアウトプットするスタンスを持ちたいと思い、Pocketを見直したりしました。evernoteの課金もしてしまったので、PocketとevernotetumblrをIFTTTで連鎖して、私はもっと楽しくなってゆく筈……! tweetで情報を流すだけでは、自分にとってはインプットにならず(勿論アウトプット行為でもなく)だらだら生きない為に足掻いてみようと思います。
 今日Pocketから見直したものはこれとか。

 

ION AUDIO TAPE EXPRESS PLUS

ION AUDIO TAPE EXPRESS PLUS

 カセットテープに録っていた音源を、mp3に変換する機器。
 私は中学生くらいのときまではカセットテープ現役ユーザで、MDプレイヤが高校生になれたときのご褒美だったようなものなので、当時レンタルショップから録音したカセットテープと、NHKラジオの語学講座のテープがあって……捨てた記憶は無いけれど実家の何処でしょう……。
 ただ、語学講座は録っておけばラジオの時間中は油断していても平気だと思っていたので、大量のテープは貯まったのに覚えようとした中国語は初歩まででした。単に怠け者を怠けさせるシステムを作ってしまっていたようです。テープもMDも、お小遣いで買うにも高価で街でいちばん安い電機店や本屋のカセットテープ投げ売りの場所をチェックしていました。

 

ION Audio Max LP レコードプレーヤー USB端子 スピーカー内蔵

ION Audio Max LP レコードプレーヤー USB端子 スピーカー内蔵

 実家にはLPもあるし、MDは少しだけしか残していませんが、音楽が好きな私にとってメディアの変化で「聞けない→もう捨ててしまった」ということはとても悲しいです。欲しいものを! blogに書く! いつの日にか叶う! (かも知れません)

 evernote.comgetpocket.comifttt.com


   




 

  

pasado

 

ちょうちんそで (新潮文庫)

ちょうちんそで (新潮文庫)


 月曜に出掛け先で選んだ江國香織『ちょうちんそで』(新潮文庫)を読んだ。

 久々の江國香織だった。
 昨今幾つか読んで嫌だった類いの江國香織のように恋や男や肉体関係に依存した小説ではなく、主人公が、自分の意識内に子どもの頃のことをきちんとつけていて(「子どもをつける」という表現は変なのだけれど、つまりその人からは子ども時代が永遠にひっぱがせないものであるので、そういう風になる)幾人かに過去があって(それが登場人物や場合によって忘却されたものであろうと、へばりつくものであろうと兎に角過去がきちんとあって)、単語や描写が丁寧で、かなしくて、そういう江國香織の本を一夜で読み終えるのは幸福で良かった。

 かつて江國香織を読むことはそういうことだった。と考えると、私にも子どもがくっついていることが分かる。十代の夜中にアイリッシュ珈琲もどきを暗い台所で作って、部屋に持ち帰って独りで時の経つ、新潮文庫の夜のことは、今よく分からない気分で過ごしている現実よりもずっと確固としている。

 一昨日、優れた文学だの売れているけれど良くない本が許せないだのというださい話題に返事をしていてしまって気分が沈んでいたので好ましい本を読めて良かった。


  del


 22日の夕食の時間の頃、夫が宮崎駿監督の話題に触れた。関連して『君の名は。』が出た。
 観ていないので良し悪し何も無いのだけれど、書店でちょっと流れていた広告映像で妙に泣いてしまいそうに咽がくるしかったことがある。新海誠自体に今は、映画のタイトルをここに書く為に検索した程度に興味は無いのだけれど、ただ映画を観たひとの「泣いた」というコメントも何度か目にしたので、人間の感情から涙を引き出すのが上手な、涙腺の蛇口の緩みの弱そうな部分を触るのが上手な作り手は、それは優れた制作ではないと思った。
 優れたというか、誠実というか、単純に云うと許せるというか。
 というわけで「新海誠はつまらないのでは」と云うと、夫が何だか忘れたけれど〈そんなら自分もやってみろ〉という意の新海誠の決め台詞を教えてくれたのだけれど、そんな他人の鼻腔の奥の粘膜を突つくようなことを自分もやってみせる気は無いと思う。
「泣ける映画」や「泣ける本」が欲しいひとは、何かに感動する自分を確認してみることで気分が良くなる性質なのかも知れない。そして「泣ける〜」はよく好評になるという仕組みかな、と思ったり。
 私はすぐ泣く人間で、今日も泣いたけれど、ただ、きちんとした感情で泣きたい。誠実というか、単純に云うと許せることかどうかというか。結局自分が自分を許せるようになるようにしようとしないとどんどん存えられなくなる。


  del


 何の話だっけ?
 つまりね、優れた文学を作ってゆかねばとかいう話題に返事をしてしまって沈んでいたのだけど、今日は読書が楽しかったよ。


 16くらいの夜に重なっていった、江國香織が過去として置かれている。
 夜と、アイリッシュ珈琲とセットになっているのは『神様のボート』や『流しのしたの骨』だ。ちなみにアイリッシュと云ってもざらめ砂糖は省いているので、偽物だ。
 『なつのひかり』や『きらきらひかる』や『すいかの匂い』やその類の頃はもっと幼かったから外は昼だったりしたし、読んでいた場所はピアノの下や市バスや図書室などで、周りに他人の気配がある。その中間くらいに『落下する夕方』は浮いている。
 それから、江國香織も他の著者本も、本屋で欲しい本の冊数と予算が合わなくて、それは「死ぬほど悩む」ことだったこともこうやって書くと思い出す。最初に学校の図書室で借りて、次に図書館で借りたこともあって、最終的には書店で予算に悩みながら自室で好きなときに好きなだけ読めるべく購入に至るそれらを思い出す。図書室の明るい窓。大型書店の夜。帰り道。どれも鮮明過ぎる。過去だけが鮮明過ぎて、現在時点に立つのが難しい。

   
 この話の結論は、今日この部屋で読んだ『ちょうちんそで』もまた(鮮明な)過去として置かれるのだろうということだ。自分から剥がれないものが増えていくことが、かなしくてくるしい。今は茫々としているのに過去になった途端に金属のような鮮明さに変わってゆく。

 
 

神様のボート

神様のボート

流しのしたの骨 (新潮文庫)

流しのしたの骨 (新潮文庫)

 
 
なつのひかり (集英社文庫)

なつのひかり (集英社文庫)

都の子 (集英社文庫)

都の子 (集英社文庫)


 『神様のボート』は持っているのは(前述通りお財布のそれで)文庫版なのだけれど、図書室で借りた安西水丸さんのこの表紙のストイシズムのままで文庫になっていれば良いのに。
 江國香織の文庫本の背は、断然新潮文庫集英社文庫が好い。書影をリンクしてもblogには表れないのだけれど、装幀の話というより兎に角、背の色について。

  
 

  

kitixxxgaia!!!!

 

kitixxxgaia(CD2枚組+DVD)

kitixxxgaia(CD2枚組+DVD)

kitixxxgaia(CD+Blu-ray Disc)

kitixxxgaia(CD+Blu-ray Disc)

kitixxxgaia

kitixxxgaia

 フラゲ日でした。ファンクラブから【カルマ盤】が届きました。

 感情のステージに上がってこい

 カルマ盤の特典は「ラーメンの話」の弾き語り。しかし、「M」が入っている【ガイア盤】をどうしても聴いた方が良いなと思って、品切れになったらどう泣けば良いのか見当もつかないので、追って【ガイア盤】を購入しました。Blu-rayを観る環境があまり無いというのもありますが、「M」という曲が入っているガイア盤を、どれかで選ぶならお薦めすると思います。

 不意打ちでしたが、「夢幻クライマックス かもめ教室編」のディスティネイションで身を攀じるかのように撃たれました。やっぱ死なされないと感動じゃないよね。

   

heartquake

 甥と姪を、伯母なりに溺愛しているのですが、今日は姪の2歳の誕生日でした。人生初のチョコレイトを食べたそうです。うたた寝をしていたら、お誕生日を祝う写真たちがLINEで32枚届いたので少しびびりました。母はメール添付、それもzip書類に圧縮なんて知ったこっちゃ無いのです。
 私が初めてチョコレイトを食べたのは小学3年のときですから、彼女は既に私を超えましたね。甥は私が未だ飲めないコーラを飲むので、5歳と2歳が私を超えているという現実。しかし母(甥にとっては祖母)には「あまり幼児にコカコーラ与えるの止めなさいよ」と私としては忠告しました。心配性の伯母。


 午前中、兵庫県の震災訓練の通知がスマフォから鳴りました。ちなみに夫のスマフォは鳴りませんでした。同時に外ではごみ収集車が歌っていました。そんな人生をどう生きろというのか。とかいう文章を書いてみても、たぶん誰もどう生きろとも云わずそれは自分だけのことです。何かの為に生きると発想するひとが多いように観察していますが、結局は全て自分の為だと思っています。他人は他人で自由に考えれば良いので別になんでもないのですが。


 東日本大地震のあと、東海地方に住んでいた知人の態度が変化しました。彼女は東海地震を強く意識し始めましたと云い、そして私と彼女は変わりました。ひとは変わる。それをどうこう云う態度を取りたくない。でも、何かを恨めしく、思っています。


 などと。

 眠りたくて堪らないときと、眠れないうえに眠ろうという意識を持つことが出来ない(でも眠りたい)という日々です。ベゲタミンは製造中止になりましたし。先日ナヤモエコがベゲタミンを検索して「“飲む拘束衣”って書いてありますよ」とげらげらウケていました。私もウケました。夫もウケました。そんな調子で。今も眠りたくて眠りたいという意識を持てなくて逡巡しています。なうなう。


 チェルノブイリで「この野菜も汚染されているんだよね」と語り合いながら食事をするのもそれは現実そして未来だけど、汚染されて立入禁止区域になっている福島県の土地を改良する為の予算が今年くらいに案が立てられた?(ニュースは見ないのでソースはありません)らしいのはどういうことなのでしょう。原発の是非以前のことですよね。

 しかし。
 ブログに個人的なことを書いてもつまらないし、時事的なことに言及すると自己嫌悪に陥ります。あのひとのように綺麗なことを書けたらならば。そのような人格であるならば。


 

to U (Salyu ver.)

to U (Salyu ver.)

heartquake

heartquake


heartache'n heartbreak'n heartquake'n oh


ache'n days.


 

   


  

kyoto acjp

 


 今日はオフだ! 大阪高槻のJT生命誌研究館に行きました。最初、研究所の方に歩いて行って、学者の方に会釈をされてしまいましたが、すみません、只の一般見学者です。進化についての展示を見ました。鯨さんとメールをしていたタイミングだったので、展示の中から、「鯨偶蹄類:鯨、カバ、牛、猪、駱駝」というメモを取りました。無料で展示を観て季刊生命誌92を頂戴して、中高でお世話になった生物の先生に、進化論の絵柄のトランプを買いました。ってプレゼントなのにブログに書いたら知られてしまうのでしょうか、それはいけないのではないでしょうか(でも書いた)先生は年始に賀状ではなく封書をくださったので何かあったのかしらと思ったら、「この便箋めちゃくちゃ可愛くないですか!!」という書き出しで、その女の子な可愛らしさが素敵でした。中学から色々と、色々とお世話になった女性の綺麗な先生です。しかし生物の先生なので、牛の目玉を120個(学年の生徒数)分ビニル袋に入れてバイクに乗っていたり、アフリカ爪ガエルを持ち上げたりもなさるのです。〈めちゃくちゃ可愛い〉便箋というのもプランクトンの柄でした。素敵。話が逸れましたね。

 

 それから京都に移転したカマタ店にゆきました。大阪の西淀時代のカマタ商店が、京都北区北大路に移転してカマタ店になったとのこと。北大路といえば育った町なのでめちゃめちゃ地元でした。実家に寄らずに帰ってすみません。

 メニュウを見て「FUKUREって何ですか?」とお尋ねしたら鹿児島のお菓子とのことで、オリジナルレシピなのかブランデーとラムの利いたとても美味しい一品を頂きました。車を運転する夫はアルコールを摂取出来ないので、悲しそうに悶絶していました。さらにFUKUREとベリー類とアイスクリームなどのパイサンドを。パイを焼き立てで出して下さるので、このパイが焼き上がるまでに一切れFUKUREを頂いたわけです。ブランデイを一杯のんで少しお話して、また来ます、とお暇しました。カマタさん製作の、「何処からでも履けるスリッパ」がお手洗い用に置いてあったので「すごいですね! 特許を取るんですか?」と感心しましたが、履いてお手洗いに向かった夫はよろよろしていました。でもどの方向から足を突っ込んでも履けるっていう画期的な……(たぶん)スリッパでした。

 美味しかったですね……カマタさんは相変わらず素敵な方でしたね……。

 

 その後、京都大学のカフェの階下の書店で買ったり買って貰ったりしました。 

[改訂第7版]LaTeX2ε美文書作成入門

[改訂第7版]LaTeX2ε美文書作成入門

 技術書は技術系職の夫に選んで貰った方が良いと思っていますが、興味の示し方や思考回路の楽しみ方が異なることがだんだん分かってきたので、どうなのでしょう。
 ちなみに私が惹かれたけれど買わなかった本はこれ。
PDF構造解説

PDF構造解説

 「こういう、動きの仕組みから納得すると、解り易いよね!」と云うと夫は「俺は先ずは分からなくても動けば良い」と云いました。だから彼の方が有能な技術者なのだと思いました。『数学的経験』が見つかったら、あわよくば夫が買ってくれないものでしょうかと思いましたが見つかりませんでした。悲しい。『不完全性定理』はありましたが買いませんでした。なかなかストイシズムを感じる装幀でした。
数学的経験

数学的経験

不完全性定理

不完全性定理

 不完全性定理については全くもって知らないのですが、何か私がある朝目覚めた瞬間夫に「にゃんさんの証明した不完全性定理の問題を私に教えて!」と口走ったらしく、私は不完全性定理について何も知らないのにどういう縁があったのか何を寝惚けたのか、要するに単に寝惚けて戯言を云ったという話なのですが一体何だったのでしょう(私は)


 尼崎に帰り、夜の不二家レストランで現代詩とはーーーあーーーー私も詩集を作りたいけれども泉由良は現代詩ではないのではーーーあーーーーで、現代詩って面白いのどうよ? あーーーー。みたいな話をしていました。詩集、作りたいです。とか云いながら帰りに不在配達通知の来ていた、短歌研究3月号を受け取りました。夫は「尼崎短詩会を作ろう」とか云い出したので、あまたんを結成します。尼崎在住は限らないらしい。

 

短歌研究 2017年 03 月号 [雑誌]

短歌研究 2017年 03 月号 [雑誌]


 詩集と云えば、生命誌研究館を入ってすぐ、「蟲愛づる姫君」というテーマで進化を表した展示があり、小倉拓也氏の詩集『火は綺麗』の冒頭の「虫愛づる姫君」の引用と彼の詩を思い出しました。無学ゆえ詩集を作るときに初めて読んだのですが、有名なものなのでしょうね。この古典と進化の体系図が巧みに組み合わさったパネルで面白かったです。館内は撮影出来ないのですが……

 

火は綺麗

火は綺麗


 2階は『エルマーと竜』のジオラマと進化の展示の組み合わせで、こちらも楽しみました。生命誌のバックナンバが貼り出されていて、その特集の年号から、私が前にここに来たのは1994年だと知りました。古代の琥珀の中に虫が閉じ込められていてそこからDNAを取り出したりする研究の展示で楽しかったのですが、1994年っていつだよ……何年前か理解出来ないよ、今になってまた行こうと云い出して、研究館は現存していて、そんな現実に驚嘆しました。驚嘆とはちょっと大袈裟で、要するに引きました。ドン引き!

 

 高槻でやけに綺麗などんぐりが沢山落ちていたので無為に拾い持ち帰りました。車を降りていきなりどんぐりに集中する自分32歳にも軽くドン引き! 高槻は高槻の、北大路は北大路の、百万遍百万遍特有の、そして尼崎は存分に尼崎の空気である、と肌で感じた日でした。
 また生命誌研究館行こっと。