薄荷塔ニッキ

飛び石を渉れない。

2018.07.03

 1時半に起き、確定申告の作業と書籍の作業をしてからお弁当を作り、洗濯機を回したら大体のことは完了だな、と思っていた朝方、家人に「洗濯機のなかに俺のズボンが入っているからちゃんと洗い直してから干して」と云われて、地中深くめり込んでしょげた。それを隠して家人が出掛けたあと、洗濯をしたら件のズボンは入っていなかったので、まあある種の濡れ衣で、なかなかに心が折れた。しかしこれは家人にしてみれば(というより一般的に云って)小さな勘違いであり、私の心が弱く頭も弱く甘ったれだから、めそめそめそめそしてしまったのだ。悲しくなって、贅沢品であるところのポンジュースをごくごくのんだ。贅沢だし果糖も気になるけれど、めそめそしていたんだ。どうしようもない野郎だぜ。

 通院日で、病院に行ってガストに行った。家人は医院に掛かる回数が私より少ないので、軽自動車で私を送り、受診させ、支払いをおこない連れて帰り、帰り道に外食をするという手順になっている。自力で診療所まで電車に乗って行って、診察時間中に間に合うように到着して、受け答えをすることが今の私には出来ない。出来ないのかしないのか傲慢なのか怠慢なのか、でも、やってみたこともあるけれど出来なかった。
 どう考えても夫に精神的なものも物質的なものも(金銭的なものも)ねだり過ぎている。それが苦しいのだが私が強請っているので私が苦しいという資格が無い。両親にも甘えている。弟にさえ甘えている。友人にも。
 私は何を返せるのだろうか、生涯を賭けても判らない何も無い。
 それらが大変心苦しくて切腹しますごめんなさいと云いたくなってしまうのだけれど、私が悪事を働いているので私が切腹しても迷惑なだけである。それとも切腹したくなくて、こういう思考になるのかな。
 
 ところで切腹は腸が腹からびろーんとはみ出すので(腸内には便があり、それがはみ出すのだ)、なかなかに汚く、尾籠である。それもまあ、切腹は避けたい理由になる。介錯をしてくれるひとも作れないし。ビルから飛び降りたらそのビルには、夫が賠償金を払わなければないのだろうか、電車も同じく。自宅で死んだら、この家は会社からの貸家であって、事故物件にしたらやはり夫に……とか考えて、死なない御託を並べているだけなんでしょう? そうなんでしょう?

 でも大切なひとに迷惑は掛けたくない。淋しいとか思わせてしまったら、そんなことさせられない。
 本当は大事に想っているひと全員のあとに死んだ方が善いのかも知れないと思うことがある。そうすれば私の葬儀で彼らに何かをさせることは無い。私は彼らを大切に、大切に、見送る役目を果たしたい。みんなより長生きしたいんだ! という理屈ではないのですけれど、上手く説明しないと単に誰よりも長く生きたいという主張になりそうだ。そうではない。


 診療所。うっかり半袖を着ていたので、看護師さんに痕の並ぶ腕のことを指摘された。それから、手が震えていることも。そう云えば最近震えが激しい。店でお金や電子マネーを差し出すとき、顕著に震えていて恥ずかしい。
 昨日は23時半に眠って、1時半に起きました、と云い、「じゃあ今夜は早く眠れるかな?」と訊ねる看護師さんに「私36時間くらいのサイクルみたいなんです」と伝える。(現に、今、7月4日の4時だ)
 主治医の方は、「勤めに行かないのなら36時間周期で過ごすのもありなんじゃないですかね」と投げやりに云うので、本当にこの医者が嫌いだと思う。同居しているひともいるし、私が平常のひと並みの(24時間の)生活を送る為の治療がお前の仕事ではないのか。本当に本当に本当に嫌いで、以前診てくださっていた先生の開いているクリニックを看護師さんにこっそり教えて貰ったので、本気で転院を考えている。転院っていうのもリスクが高いけれど……。今の主治医は、前代の医院長から病院を受け継いだだけの只の能無しな2代目だ。血液検査もしなければ、薬の名前もいちいち参考書を広げて調べる、私の診察中に。私は診療所に行くと心がちょっと壊れて社会的倫理も壊れるので、先日、みんなの寄せ書きみたいな折り紙が貼ってあるボードに「〜〜先生がちゃんと話をしてくれますように」と書いて貼ってしまった。そのボードには「元気になりたい」とか「頑張るぞ」とかそういう寄せ書きがしてあったのだけれど。
 
 過食が良くないと話したときに「僕なんかはコーヒーフィルタで水切りヨーグルトなんかね、作ってね、」と私にとってはどう考えても的外れな返答を返されたことを思い出す都度どうしようもない気持ちになる。私だって水切りヨーグルトはコーヒーフィルタで作れば便利だって知っているし(だから得々と教えられる謂れは無い)、水切りヨーグルトを食べるのも好きだ。受診して知ることは水切りヨーグルトか。あの医者がコーヒーフィルタで濾過されて仕舞えばいいのに。

 怒りを書き並べている。担当医が本当に嫌いだな。

 

 ガストの白桃サンデーを食べた。ファミリィレストランにゆく都度パフェーを食べるわけではないが、白桃の季節だから特別、と云い訳。マスカルポーネが底に詰まっていて、それが美味しい。フライドポテトを過食するのは厳禁、を、頑張って守っている。

 今日は手紙を5件ほど作ったが、まだ2件書くものがあって、それはポメラで文章を下書きしてからでないと書けないので、待ってて!(私信か!)

 株式会社BCCKSというサーヴィスを使って電子書籍を作った。慣れていなくて戸惑う。短詩会風翳の更新をした。私の詠草と兼題がいつも通り遅れている。

   ◯


 線路に飛び込むまでの様子をネットで中継して死んだひとの情報をtwitterで知って、見なければ良いだろうことなのに映像を見た。削除されるのかも知れないけれど、私は今後もまた探して見てしまう。たぶん。私の何処がどう悪いのか分からないほど、色々な面で良くない。その映像を繰り返し見るなよ、と云われるのが平常だろう。


 深夜4時、今日も何も何も何も成し遂げなかったな、と白む夜に言い訳をする術も無い。

   ◯


 原付で夏休みの旅行をしている鯨さんが、交番に出頭している写真をtwitterにupしていたので、「前科ついたの?」と聞いたら落し物を届けただけであった。善行ではないか。LINEをしたのは私だが、心配したのはにゃんしーさんで、にゃんしーさんと鯨さんの不思議な友情が少し羨ましい。

 ばかでも云えるみたいなことだけど、友だちって本当に良いよね。

    

    
   

Rìběn rén

 とうとうメールマガジンをクリックして、素敵な浴衣を沢山見てしまった。そして安い。安さが買いたさに拍車をかける。
「でもね、安くてもこれは洋服をどんどん買ってしまうのと同じでしょ。そんなの駄目でしょ」
 病院帰りのガストで家人Cさんに云うと、1年に1枚浴衣を増やすのはいいんじゃない? と彼は云う。夏には私の写真を撮るつもりなので甘いのだ(買うのは私のお金なのだけれど)。しかし私はUNIQLOの浴衣をだいぶ持っているので、ぜんぶをクリーニングに出してもかなりお金が飛ぶ、クリーニング屋さんを使えないほどの枚数の浴衣は持っている。取り敢えず今日は2枚、部屋の隅にあって気になっていたものを、糊付けし直してアイロンを当てた。UNIQLOの浴衣は素材が扱い易いし、竹久夢二中原淳一をテーマにした年に買ったのでとても好い柄だ。少しずつぜんぶを糊付けして、仕舞い直そう。UNIQLOや、スーパーマーケットの2階のような場所で買った安い浴衣だ、たとうなどは無い。

 台灣に居たときは気候に合っていたのか、ほぼ浴衣を着ていた。一度、浴衣でお寿司のコンヴィニ(みたいなチェーン店があるのだ)に居たら、どうも私を見物する人が集まってきてしまったことがあった。你們好、我是日本人。ごめんね、民族衣装着てるけど、これ、単に涼しかっただけなの、お騒がせしてすみません。

  ◯

 正直に感じたことを云ったらリストカットオーバードーズするパターンの知人友人(自分史上周囲に多い!)に向かうとき、私はどうしたらいいんだろう。我慢? 私の感じたことは、私にとって正論だと吟味したことなんだけど、それは呑み込む? それは違うのでは。
 でも彼女たちは、「傷ついた」として自傷したりODをしたり、入院したりする。思春期診療から卒業出来ないのならそれは気の毒だけれど、私は私で双極性障害IIで、愚鈍な医者と言葉も交わせず診察もされず、ほそぼそとしたアルバイトどころか、ひとひとりに合うにも頓服をのんで錯乱しているので、私の持ってないものを持ち得たあなたたちを羨む汚い心がある。境界性人格障害といってしまうのかなあ。
 私と同じ、双極性障害IIの友人(私と彼女はかなり、戦友だと勝手に思っている)は、仕事はしているがあのグループとは明らかに違う。話をしていて「傷ついた! 死ぬ! 手首切る!」という感じがしない。その子も希死念慮はあるにせよ、なんだろうなこれ。でも躁状態と鬱があるその友人の方が明らかに苦しそうだし心配だ。
 苦しみ、というものがひとつのベクトルだけに定義されていれば良いのにね。現実は真逆。

 小説を書いているのは本能で業だから、「才能を伸ばして生活している、素敵ね」などと真っ平、酷い辱めだ。私はそれなりの精神を持ってそれなりにアルバイトでも仕事でもして、それで本の印刷費が稼げた方がずっと理想だ。
 


  ◯

 出来てないことばかり。不完全。

 良い洗濯糊のつけ方を知りたい。
 カーテンレールから下げているエアプランツになってしまいたい。
 ガストで白桃のパフェを食べた。私も白桃に生まれたかったなと思った。甘やかだ。

 今日は余震が4回。TVを観ずに生活している所為か、子どもの頃阪神大震災というワクチンを接種した所為か、あまり動揺は無い。眠れないので、お米を炊いて冷凍し、お茶をボトルに作り、夜のガストの帰りに生理用品とティッシュなどを買った。心なしか店内の棚は空きがあるような気がした。買占めというより、流通不全か。


 
 


 

2018.06.17 - Lessen

 

右耳がずっと聞こえない

右耳がずっと聞こえない

 感想というか、所感はこちらにつらつら書きました。

 vodka.hateblo.jp

 先日5月の文学フリマ東京で購入するつもりが、人気あって売り切れていたので電子書籍で読みました。しかし乙女の部屋に置いておきたいような品良く可愛らしい装幀です、本当に。

 

オルカ

オルカ

 『オルカ』も電子書籍で蒲団のなかで読みました。私は『南武枝線』という本がいちばん好きなのですが、鯨さんはもうまるっきり俳人ですね。小説も好きだったよ。

 

南武枝線

南武枝線

 
   

anti

 


【私はひとを差別するひとを差別することは出来ない】
 そんな一文をwebで読んで混乱した。今になって考えれば、批難と差別は違うわけで、私はレイシストを批難するが、レイシストを差別してはいけないのだろう。(ここで溜息)

 こんなに心に暗雲を立ち込ませているというのも、北朝鮮と韓国の対話が実現した日、FBに「日本人が拉致されたままならば二国は戦争していてくれた方がマシ」と書き込んだひとがいて猛烈に反発心を覚えたその、同じひとの文書を今日また読んでしまった、悪い癖だ、自傷行為みたいだ。

 日本人に多くの権利を取得させる(という幻想を持ちたがる)為に、外国人(特に、中国、北朝鮮、韓国)を人間的に否定するのはやはり間違っている。
 あのひとには子どもの頃、クラスに在日の生徒はいなかったのだろうか、とは云っても私の育った京都は、在日韓国人が多く、私の周りには一般よりも在日韓国人の友だちが多かった可能性はある。
 子どもの頃戯れていたクラスメイトが、今や「嫌韓」という言葉に晒されているのだと思うと私には泣く権利も無い。ありえない。やめて。


 昭和60年の日本に私は生まれた。
 生まれた瞬間、アイデンティティを、というよりイデオロギーを、自動的に負わされた。敗戦国ルサンチマン、領土問題、高度経済成長、安保、友好的な国、非友好的な国、et cetera.

 日本に生まれなくてもどんな子どもも生まれた瞬間、過去のおとなたちの作ったあらゆる汚らしい感情を負わされる。これは不幸だ。ただ生まれただけなのに、負の歴史がべったりとその人生に貼りつく。

 はっきり云って、拉致被害者が亡くなることと、北朝鮮人の誰かが亡くなることは、私にとって平等に悼むべき事象である。それではいけないのか? それだから私は怒られているのか。どちらも私を愛し世話してくれた肉親やら恩人やら友人ではないのに、国籍が同じというだけでスイッチを変えることなんて出来ないよ。

 私が殺されなければあの人が殺されるのですという事態が起きたとき、私はコルベ神父になれる自信は無い。更に云うと、私の弟が殺されなければあのお姉さんの弟が殺されるのだと迫られたとき取るべき態度が正直云って解らない。
 そんな事態を招く前に事は片付けられるべきだ、としか云い様が無い。私は思考も行動も出来ず、学ぶことさえ怠り、読書も覚束ない。情けないことだらけだ。でもこの情けなさは、私が生まれた瞬間に歴史が私に貼り付けた闇にも起因しているのだ、だけど、対抗するしかない。そんな運命の為に生まれるなんて思いたくないのに。


 でも、たぶんあなたも我が国の象徴である天皇陛下は、何処の国の戦争に対しても悲しみの意を表されるだろうと、思わないかい? 私は思うな。

  ◯

 

 プロジェクタでLADY BABYの映像を観る。
 「きみはキレイなものの世界に囲まれて生きてきたんでしょ」と先日云われた。結構心が折れた。自分にとってのキレイを探したり創ったりして生きているのは事実だ。悪いかよ? 悪いのかよ。

 否、または、世間知らずだと責められたのか。

 



     
   


    

crawler

 

 十何度めかの『スカイクロラ』を観た。観る都度切なくて吐きそうになる。嘔吐という感動表現は嗚咽が更に噎せ込み上げて堪らないときの感動だ。嗚咽で嘔吐いてくるしい。本当にせつない映画だ。原作は、「せつない」という感覚ではなかったのだけれど、映画化されたものからは違う感傷に悩まされている。そして何度も観る。科白を多く暗記している。

 

スカイ・クロラ [DVD]

スカイ・クロラ [DVD]

スカイ・クロラ

スカイ・クロラ