薄荷塔ニッキ

飛び石を渉れない。

20191016

 twitterで個の他人が嫌がるだろうことをおよそ2件したこの数日。反省はしていないが、何故自分(だけ)が槍玉に上がるのだろう、と思われたら、「文学という看板のもと理不尽がおこなわれていると感じるものが私の目に留まったから」という理由になるので、その点は伝えなければいけないのかなあと思う。私の目に留まった、は【私】が尊大なわけではなく、私のアカウントを触っているときに私の目に留まり、という感じの意味です(第三者の目に留まって私が行動するわけないので無駄だけど一応書く補足)
 罪だとは思わないので謝罪するとは云わないが、こういう経過でこう感じたのでございました、と記述するべきか迷っている。その記述でまた嫌な思いをさせるかも知れない(ただ、嫌な思いをさせることは絶対にしてはいけないという思想は私には無い)

 私も目に留まったらtwitterマーライオンのようにpostしているわけではない。
 そういうタイプの投稿は「おなかすいた」とか「空が綺麗」ということで投下している、マーライオン的なものは。

 若干別の話題へ。

 最近はtwitterの悪口を云っているひとをよく見掛け、自分が登録した無料サーヴィスに対して偉そうだなあと感じる。postが日常になるからなのだろう、FBはそれはそれで嫌っているひとがいるが、そういう嫌っているひとたちの根性とは相容れない。実害ある発言だと思う。有料サーヴィスを開設して自分のお好みにアップデイトしていくわけではないひとが、SNSは危うい! と云うのは、どうかと思う。ちなみにtwitterSNSではないらしい(何かの記事で読んだ)

 むしろtwitterが停止したら私は多くの友人との連絡手段を失う。私としてはその方が深刻な問題だ。きっととってもさみしくなってしまう。

 そういえば「あなたのtwitterはそうですか、ここはTwitterですよ」というリプライを関連して貰ったりしたが、苦笑も出来ない発言には、どうすれば良いのか。著名な方だと思うのだけど、そういうの関係ないんだなあ(風流)このひとの表記では「Twitter」で「ツイート」するべきなのか。とかもう追求したくもない。

Read more

金原ひとみ『アタラクシア』

 

アタラクシア

アタラクシア

 Natashaに先週借りた本を読了。江國香織で云うところの『薔薇の木枇杷の木檸檬の木』みたい、と思いました。Natashaは自分のことを由依という登場人物(というか実質ヒロイン)に気質が似ていると思っているけれど、私から見たら似ていないな、とLINEをしたら、ひとが見る自分と自分の思う自分は違うよねーと返信がきました。
 正直、誰が誰タイプだというほど、人間を書き分けられていないというか、むしろそんな凡庸なひとたちがそもそもの人間群像なのか、兎も角、『蛇にピアス』や『アッシュベイビー』当時は「尖り」だったなあと考えたりしました。今はどうなのだろう。それは金原ひとみではなく、年齢を重ねる自分の問題としてそこにある。

 (蹴りたい背中蛇にピアスだったら、後者のがましだと思ってたよ〜でもこれふたつを較べること自体ちょっとださいよね〜)

 

蛇にピアス (集英社文庫)

蛇にピアス (集英社文庫)

 

薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木

薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木

薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木 (集英社文庫)

薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木 (集英社文庫)

 薔薇の木枇杷の木〜の方が、所謂「キャラ立ち」はしていると思うけれど、誰と誰とが不倫をしていて、その友人は誰と不倫していて、という感じの小説は、トランプ組み合わせていれば出来上がっちゃう気がするので、あまり技量が要らない種の本だと思う。
『アタラクシア』には東日本大震災の描写があった。東日本の作家の方が(つまり東京とかだ)震災を文学に織り込むことが多い気がする。川上弘美には驚いてしまった。むしろ阪神大震災後の文芸誌を読むには、私はまだ幼過ぎたわけで、だから比較は出来ない面もある。

 ○

 小説ではないが、短歌の世界では、震災後の歌という存在は大きい。京大短歌のような関西の短歌会でも、機関紙に確かに書き込まれていた。遠いからこそ出来ないことばかりある心、遠いところで怒張する何か、その詠草に揺さぶられる。

Do you have iodine tablets?

 アマゾネスで『チェルノブイリ』第1話を観ました。
 ナヤミリ氏がtwitterで「怖かった!」と云うので関心を示したら、「観て! 観て! みて!!!」という感じで、無料で公開されていたものです。「mite!!」熱いコール。

 

 少し前のこの日記で、私はチェレンコフ光を見た瞬間の即死に憧れているというようなナメたことを書いていますが(しかし憧れますが、ロマンチストですよね)この事故では空気の色が奇妙に見えて、それはチェレンコフ光が混ざっているからだったのですね(即死しないレヴェルで)。原発自体の崩壊というよりも周囲の街一体の被曝をリアルに感じます。屋根が燃えているだけと過小評価された事故で集まった消防士は「金属のあじがする」と云います。何処から炎が降ってきたわけでもなく、その空間自体が被曝する世界。
 全5話、毎木曜日公開。これはAmazo Primeの民は課金するのかな? しないでも観られるのかな? 全5時間以上、史実を認め続けたいと思います。

 ナヤミリはなんでそんな怖かったん? と訊くと、手が爛れたりするシーンが怖い、目に見えないもので顔が爛れていくとか怖い、という返答でしたが、そもそも目に見えないものじゃないよね、放射能だよね。私量子力学、好きだし。と、ずれた返事でちょっと暢気者のように怖がらない私。いや、あれは分子とか原子の核であって、目に見えないものではない。「その考えはなかった」とナヤミリ。
 やっぱりさ、メルトダウンを防ぐにはどう動くか、とか、ヨウ素の錠剤の備蓄はあるか、とか、人を死なせない為に頭を働かせなきゃいけないから、怖いというのとは違うと思う、特に物理化学を齧っているからそうだと思う。と云い、「私たちだって福井の原発が壊れたらすぐ被曝するでしょ」と、そう、チェルノブイリもフクシマも外の世界として怖がるよりも私は当事者なのだと思う。自分が死にたいのと(普段から常駐する希死念慮)非常時に人を死なせたくないのは違うからね。でもやっぱ怖いよ。とナヤミリ。爛れとか無理だよ。私、広島の語り部のひとにお話聴いたあと、肩とか背中とか見せて貰ったことあるよ。ひぇ……むり……。無理っていうか、事実だからなあ。でも怖いよ。
 でも世の中怖いものだらけだよ。
 それな。
 人間は怖い。
 しかも自分自身がまた怖い。
 それよな。

 と、語り合ったのでした。

20190923

そんなわけないけどあたし自分だけはずっと16だと思ってた
                       加藤千恵

「申し訳ないです、でもゆらさんのことも辛かったです」
 という意の謝罪を受け取って、後半要らんよね? 私に知らせないといけないこと? 知りたいと云ってないのに? それとも謝った瞬間、でもお前も謝れって云ってるん? とどうしようもなくなった日。
 大学の話をしていた。私は大学を中退している。地味に卒論まで仕上げていたのに中退したなんてなかなか残念だし両親には申し訳ないことこのうえない。
 と、いうより私はやりたい勉強を出来る自分になりたかった。
 私は色んな意味で、(単に受験に落ちたとかではなく)高校3年生の亡霊みたいに生きていると思う。本当は話していた相手も自分をそうだと思いたいのかも知れなかった。でも私はそういうふうには解釈していなかった。今はもう34歳なのに、イタい話、私は色んなところが17歳で終わっている。
 自分を律する精神と体力があるなら、放送大学に入って勉強したいと思うが、現状でもタスクを回せていないのでどうしても不安だと思う。克己は何処に。

20190915 - almuerzo

 ポイントカードが貯まったので、パスタとピザのお店、イルパラドッソ尼崎のランチを食べに行きました。たまに夜に行くお店ですがランチは初めてです。美味しかった……。バルサミコ酢の購入を検討したいと思います。(サラダのバルサミコ酢ドレッシングが美味しかった)
 あと、チーズが美味しい。先週も、ひざのうらさん氏に「ワインとチーズがめっちゃ旨いお店だった」みたいなtweetをいただいたので、そういうことです。ひざ氏とへにゃら氏は食通だと思いました。

 


 ランチの時間はサラダとパンのビュッフェがあるけれど、お酒はあまり無い! 良いけど。夜は、箕面ビールののみr較べなんてセットがあって、私はビールはのめないのですが、結構夕食を摂るのもお薦めなのです。

 それから帰り道にDAISOで、リボンリボンという冬物毛糸が発売されているので、色合いを確認しに行きました。毎年少しずつ変わってゆくので。去年は姪と祖母にマフラを編んだ糸です。100均だからといって、これは凄い乙女な糸で可愛いので、良いのだ。あと、珪藻土のマットが買えたよ! 暫く工場からして品切れだったので、もう無理かと思っていました。

 
 オーロラグリーン、ミルキーオレンジ、クリスタルブルー(一昨年のから今年のまで並べたところ)。淡い方が好きです。

  Δ

 読書したのは、まど氏ことmadeleine著『うさぎ収容所』感想はこっち

 

 午後から夜は自宅にて。何につけてもバムセが可愛い。母からスペインのシスターに手紙を送るとのことで、宛名の書き方を教えて欲しいとSOSが来ました。
 増税前に幾つか買い物や印刷の外注などしようかなあ、と、増税を受け容れるかのような自分が憂鬱になりますが。でも消費税は社会保険料よりはずっと良いです。

 声が出ない……文フリ以後気持ちの揺れが激しいです。

 
 

20190723-diary

 値引きだのポイント還元だので、塚本邦雄電子書籍を買った。紙書籍も良いものだが、いつでもすべてを携帯していたいという気持ちもあるわけだ。
 

詞華美術館 (講談社文芸文庫)

詞華美術館 (講談社文芸文庫)

百花遊歴 (講談社文芸文庫)

百花遊歴 (講談社文芸文庫)

王朝百首 (講談社文芸文庫)

王朝百首 (講談社文芸文庫)

 睡眠は0:30〜2:30。起きて何か仕事になることをしたかというと上手く思い出せない。たぶん無能な時間を過ごしたのだろう。洗濯をして、Evernoteの中身をいじくっていたら、正午だった。こういう、Macのなかのフォルダ整理とか、iTunesの同期とか、Evernoteの整頓とかに時間を掛けることが物凄く無駄だと思う。が、私はそういうことをいぢいぢと作業しなければ気が済まないところがある。
 原稿を3件残している。そろそろ書き始めるかも知れない。構想は無い。

 家人Cさんは会社で健康診断の日だったので朝は絶食。私も食べなかった。今回はバリウムが無いから良いと云う。去年バリウムを飲まされて以来、「嫌いな食べ物はバリウム」とCさんは宣言した。食べ物でもないような気がするけれど。

 ネットショップを少しずつ作っている。屋号は気に入っているので、突っ込まないでください。
 f27.base.ec
 実はもう1軒、ショップがある。
 mimoria.base.ec
 白昼堂々堂のなかにピアスやアクセサリを並べたら浮き過ぎたので、姉妹店にした。これから、ショップをを整備してゆかなければなければならない。boothでお買い物をするのは正直苦手で、だからboothで出店もしていない。特定商取引法に引っ掛かるのは嫌だ。

 習慣でのんでいる酢をのむと、胃が飛び跳ねて少し戻した。胃が悪いのかな。酢の、のみ過ぎかな。


   Δ


 診療所に行ってからガストで仕事をした。診療所の看護師さんたちが、私のインナーのピンク髪に少しざわめいていた。帰宅途中にCさんに「自分で稼いでいない人間が美容院に行ったりしたらいけないかな、髪をピンクにするなんて許されないかな、」と小さな声で云うと、Cさんは「なに云ってんの?」と普通に否定した。しかし私のなかに、それを詆る気持ちがあるのだ。私は診療所には、マニキュアを塗っていくことさえ躊躇うし、すっぴんだ。自分で儲けないことで自分を飾れない、と、いう、思いがある。むしろ夫に車で連れてきて貰うことさえ、批難されるのが恐ろしい。認知が歪んでいるだろうか。私は店で化粧品を見ることも苦手だし、自分をきれいめに作るのが下手だと思う。
 こういうとき、実家の母を想う。父から渡されたお金で、のびのびと可愛らしい暮らしをしている母。私はただ渡されたお金を、叱られないように使わなければと思っているので、色々難しい。おおらかになれば良いのかも知れない。

 ガストでは食事にドリンクバーを付けて貰って、ポメラを叩いた。いつもはのまない、アールグレイや煎茶をのんだら美味しかった。