薄荷塔ニッキ

飛び石を渉れない。

20190723-diary

 値引きだのポイント還元だので、塚本邦雄電子書籍を買った。紙書籍も良いものだが、いつでもすべてを携帯していたいという気持ちもあるわけだ。
 

詞華美術館 (講談社文芸文庫)

詞華美術館 (講談社文芸文庫)

百花遊歴 (講談社文芸文庫)

百花遊歴 (講談社文芸文庫)

王朝百首 (講談社文芸文庫)

王朝百首 (講談社文芸文庫)

 睡眠は0:30〜2:30。起きて何か仕事になることをしたかというと上手く思い出せない。たぶん無能な時間を過ごしたのだろう。洗濯をして、Evernoteの中身をいじくっていたら、正午だった。こういう、Macのなかのフォルダ整理とか、iTunesの同期とか、Evernoteの整頓とかに時間を掛けることが物凄く無駄だと思う。が、私はそういうことをいぢいぢと作業しなければ気が済まないところがある。
 原稿を3件残している。そろそろ書き始めるかも知れない。構想は無い。

 家人Cさんは会社で健康診断の日だったので朝は絶食。私も食べなかった。今回はバリウムが無いから良いと云う。去年バリウムを飲まされて以来、「嫌いな食べ物はバリウム」とCさんは宣言した。食べ物でもないような気がするけれど。

 ネットショップを少しずつ作っている。屋号は気に入っているので、突っ込まないでください。
 f27.base.ec
 実はもう1軒、ショップがある。
 mimoria.base.ec
 白昼堂々堂のなかにピアスやアクセサリを並べたら浮き過ぎたので、姉妹店にした。これから、ショップをを整備してゆかなければなければならない。boothでお買い物をするのは正直苦手で、だからboothで出店もしていない。特定商取引法に引っ掛かるのは嫌だ。

 習慣でのんでいる酢をのむと、胃が飛び跳ねて少し戻した。胃が悪いのかな。酢の、のみ過ぎかな。


   Δ


 診療所に行ってからガストで仕事をした。診療所の看護師さんたちが、私のインナーのピンク髪に少しざわめいていた。帰宅途中にCさんに「自分で稼いでいない人間が美容院に行ったりしたらいけないかな、髪をピンクにするなんて許されないかな、」と小さな声で云うと、Cさんは「なに云ってんの?」と普通に否定した。しかし私のなかに、それを詆る気持ちがあるのだ。私は診療所には、マニキュアを塗っていくことさえ躊躇うし、すっぴんだ。自分で儲けないことで自分を飾れない、と、いう、思いがある。むしろ夫に車で連れてきて貰うことさえ、批難されるのが恐ろしい。認知が歪んでいるだろうか。私は店で化粧品を見ることも苦手だし、自分をきれいめに作るのが下手だと思う。
 こういうとき、実家の母を想う。父から渡されたお金で、のびのびと可愛らしい暮らしをしている母。私はただ渡されたお金を、叱られないように使わなければと思っているので、色々難しい。おおらかになれば良いのかも知れない。

 ガストでは食事にドリンクバーを付けて貰って、ポメラを叩いた。いつもはのまない、アールグレイや煎茶をのんだら美味しかった。

20190717 - diary

 所用でサンマルクカフェに行ったの、ひざのうらはやおさんの行っているサンマルクチャレンジのオマージュをした。チョコクロワッサンと一緒に食べる為、なのか、確かに珈琲は苦味が強かった(が、クロワッサンは食べなかった)Edyなどで支払いが出来るので気楽だ。苺とバナナのスムージーものんだ。

 

 このウィンドウの向こうには画材とコピックの専門店がある。梅田には本当に色んな店があって、私が用を足したい時は本当に便利なのだろう、が、私は梅田を歩く体力がどちらかというと、無い。コピックを買いたかったが、私に出来ることはサンマルクカフェでメモを取ることくらいなのだった。

 Cさんと落ち合って、ガストで食事を摂って、店仕舞間近のつかしんに滑り込んだ。
 このひとたちはすぐガストでごはんを食べているなあと突っ込まれるかも知れないが、私は気にしないのであなたも気に留めないでください。

    
    

20190630

 
 6月30日夕餉のインディアは、バターチキンカレー5辛でした。
 まど氏を示して店員のお兄さんが「イモウトデスカ?」とおっしゃったので「お友だちです」と答えました。姉妹に見えたの? 超うれしー。

 余裕があればもう少し追記します。

uso.

 ポエトリーサラダボウルという詩のイヴェントに、去年出演してきたのですが、共演者のspan style="color: #d32f2f">瀧村鴉樹(敬称略)が「泉由良とにゃんしーは、精神障害者だから自分たちを目立たせろと主張した」と今更またまた大嘘をかましたと聞いて、そんなことするわけないじゃん、だいいち泉とにゃんしーの精神状態なんか知るわけないし、目立たせろとか云ってないし、と苦笑も出来ない。
 もしかして新聞に報道されたのがにゃんしーさんだったことを「目立たせた」と云ってるのかな? 判らないな。面白かったひとが新聞に載っただけだし。というか、他人を精神障害者と偽るのって名誉毀損で訴えられる案件ですよね、そして無かったことを云うの、病気だね、大嘘つきだね、凄いなあ、酷いなあ。
 と、思ったのですが、当時の瀧村(敬称略)のtweetを載っけておいた場所を見ると、魂が濁りそうだったので、ここにちゃんとした記事を書こうにも気分が悪過ぎて無理が大きいです。
 いや、過去のtweet見ると、「目立ってなかったのは自分の所為だよ、下手だからだよ」みたいなことを云ってたんじゃなかったかな……あまり過去のtweet見ると気分が悪いので確認したくない……。自分を慰める為の言語ならどんな大嘘も反吐のようにえろえろ吐くひとですね、あ、自慰が好きなのか。

 うーん、でもね。ポエトリーリーディングというより暗黒舞踏の真似事をして蠢きながらもごもご云ってたひとがよく詩人とか名乗りますよね、瀧村さん。ライヴ会場のキャパを知ろうともせず、スクリーンを使いたいだのピンマイクを出せだの、我儘を云って。平川綾真智・元ヤマサキ深フユ(敬称略)と3人で会場入りしても設営を手伝うことも無くマイクテストで声を出して騒いで(近所から苦情がきて)、(聞いたところによると前夜酒気帯びで会場に寄ったわりに、忙しいスタッフさんの邪魔をして)何のお客様気取りでしょうね。それであのパフォーマンス? 目の周りパンダにしないと詩が読めないの?(読んでなかったけど)
 山崎さんと平川さんについては別に感じることがあるので、一応言及しないのですが、本当に下手な3人組だこと。
 瀧村さんのは、ただ舞台に居ただけじゃないですか、詩じゃないでしょう。文章表現で訴えてみせて欲しいな。文学極道のスタッフといえども、詩が書けませんよね、貴女は。そのうえ瀧村さんと平川さんのお陰で文学極道関係から不審な電話が入って、警備の用意やお金が掛かったでしょう。打ち上げを文学極道のみのオフ会として開催したから、私と揉めたでしょう。自分が司会担当になった時間は、コメンテータとして控えていた泉とにゃんしーにマイクを渡さなかったでしょう。

 やっぱり、舞踏に似たものを見ると、教えていただいた三上賀代先生や三上先生の見せてくださった土方巽大野一雄から受けた感動と、そして三上ゼミのひとたちのパフォーマンスや京大西部講堂で上演されているものと較べてしまうし、だから出来てないものは、駄目ですね。ばれます。高知県の方は騙せるのかも知れませんが。初見の方は「なんか黒くて凄い」と思ってしまうかも知れませんが。勘違いですよ。

 更に、もしポエトリーリーディングのひとだと仮定しても、私が田舎の日曜オープンマイカーなんか相手にするわけないじゃん。ついでに凄い悪いこと云うと、高知県にアングラなんかあるわけないじゃん。自称アングラ野生児へ、知っとけよと云いたい。

   
 ポエトリーサラダボウルのイヴェントは撮影、ネット上の放送を許可されていない筈です。平川さんも他の方も一般の方も、勝手にツイキャスyoutubeに上げないでください。

   

20190628 - India

 

 6月28日のインディアは、マトンマサラ5辛にしました。美味しゅうございました。

 違う席に大声で喋るおとなたちが居て、「俺ヒンディー語喋れるから、ここで悪口云ってやっても解るかも」とか(インディアのお兄さんたちはあまり日本語が解らない)何万円儲ける話だとかで大騒ぎしていたので、ああ……あんな風に歳をとらないようにしたい……と思いました。と、思っていたら(ラストオーダもだいぶ過ぎそうなのに)「ウーロン茶、ツー、ツー」と注文していて、自分らノンアルコールでそんなに騒げるのか、凄いな(馬鹿だな)と思いました。Cさんは「劇団系のひとじゃないかなあ」とあとで云っていましたが、駆け出しの頃のダウンタウンと同じ板踏んだことを今現在自慢するなんてしみったれてる。私は演劇を少しだけやっていたけれど、付いていけないノリがあったのはああいうことだったっけなあ……と遠い目で思いました。

vichyssoise

 セブンイレブンで買ったパウチのじゃがいもスープをのみながら、あ、ヴィシソワーズ作りたいな、と思った。ヴィシソワーズは中学の家庭科で作ったことがあって、私は中学のあのときに作ったものはたぶん容易く作れるという傲慢がある。例えばホワイトソース。例えばわらび餅。料理は嫌いではない。たぶん、時間を掛けるほどの価値を見つけられないだけだ。

 通院。火曜に体調が悪く、家人Cさんに薬だけ受け取りにいって貰ったのだけれど、もうそういうことを何度もしているので、かおを見せに行った。親類に逢いにゆくみたいな云い樣である。しかし医師は私が通院することをどう思っているのか知らないが、「今週もわざわざ来てくださって本当にありがとうございました」といつも云う。どのあたりの恩義なのだろう。
 薬は前述通り火曜に貰っていたので、診察的ななんらかの会話を交わしただけで済んだ。叔父が遭難しているんです、と云うと、「そうなんだ〜そうなんですか〜そうなんだね〜」と返事をするので、このひとは若干のボキャブラリに関するセンスが欠けているのではないかと疑った。そうなんだ〜。って、云うか? 遭難の話をしているときに。

 と、恙なく受診を終え、ファミリィレストラン「ガスト」へ。Cさんは鰻を食べる。鰻を食べることは目下世間的に良しとされていないが、これは元町二十四軒さまもおっしゃっていたことで「現在鰻を食べるなと云ってくる奴らは大抵、今までの人生で俺よりも鰻を食べてきた」、そうだろうね。だから納得ゆかないよね。ちなみに日曜には浜名湖付近にいってきたわけだが、稚魚に孵すのが難しい(お金が掛かる)だの、養殖鰻は絶滅に関係無いだの、養殖鰻は稚魚になったものを囲っているだの、ではその稚魚を養殖に使わなかったら天然の鰻が増えるのかと云われれば、それは他の魚に喰われてしまうんだよ、だの、だの、よく解らなかった。複雑な問題だと思った。朱鷺だって飼っていたのではなかったか?

 ガストに居ると、大抵我が子に対して物凄く口汚い親が居る。ヤンキーなのかな、と思う。マイルドヤンキー? 子どものことを「お前」と呼び、「それ触んな云うてるやろうが!」などとどやしつける。こういう親に育てられた子どもは乱暴な人間になるんだろうと私は勝手に思っている。だって子どもは一応、親の背を見て育つものだからだ。
 それからドリンクバーを伴い仕事をしていると、とても煩いゲーム音が聞こえてきて、あまりに酷いので隣のテーブルにつかつかと歩み、
「すみません音量下げていただけませんか」と苦言を呈してしまった。こういう行動に出るほどのことをするのはあまりよろしくなさそうだと思うけれど、たぶんほんの幼い子どもに、iPhoneYoutubeを見せていたのだ。ピコンピコンと大きな音を出しながら。先ず、そのYoutubeを見せて大人しくさせようとするのではなく、幼児と対話してあげたらいいのに。
 今日の私は説教臭い。
 22時ごろまで、Photoshopで画に色をのせていた。

 その帰りに郵便局にも寄った。5円切手をすべての封筒に貼り、200円を各々にプラスして貰ったが、レジを間違えて205円掛ける冊数で計算されたので指摘したら、丁寧に謝ってくださった。それは良いのだが、
「あ、すみません、間違えて。ごめんなさい、すみませんね」
「あ、いえいえ、こちらこそ」

 私は何がどうこちらこそだったのだろう?

 そう云えば医師が「わざわざ来てくれてありがとうございます」と云うときも、「あ、いえ、こちらこそ」と答えた自分を思い出した。私は「こちらこそ」を非論理に発するらしい。丁寧にひとに接したいとは思うけれど、こちらこそ何だったのか判らない場合には気をつけようと思った。


 0:20〜02:30 睡眠、
 あ、いえ、こちらこそすみません。に注意する。

 そう云えば寝る前にニュースを聞いた。今は云えない。


    


      

   

20190522-madeleine

 
 声が出なくなってしまった残念な私のところにmadeleine氏こと、まど氏がやってきてくれました。ふたりでマクドナルドに行って、散らかった家でコソコソ声と筆談で手芸のお話などをして、Cさんが帰ってきたら3人でインディアでカレーを食べて、まど氏の家まで送りました。楽しかった! また来てねえ。

 辛さ5の私のカレーを味見して、大変な表情になってしまうまど氏(辛さ2)
 更にスパイスパウダを追加する私。


 まど氏も参加したラブホテルアンソロジー『満室になる前に』を東京から預かっていたので、無事渡しました。

 

 まど氏を送った先で、少しのあいだ3人で夜空を見上げ、星を楽しみました。