薄荷塔ニッキ

飛び石を渉れない。

Leidenschaft

 情熱なんて単語を使ったら現代のひとは嗤うかも知れないが、どうにも情熱が足りない。熱意と云っても良いが熱意では、何かにつけ熱心に打ち込めばよろしいことのように思うので、情熱である。例えば絵の具を塗りたい。詩を書きたい。小説を書きたい。本を作りたい。写真を撮りたい。ものをつくりたい。デッサンしたい。デザインしたい。
 暫し沈んでいるときでも、英訳や外国語の習得をしたい。微積についてもっと知りたい。量子力学について知りたい。
 私は今までそういうことでばかり構成されてきた。夢しかみてこなかったし、逆に云えば欲求しなかったことはあまりしてこなかった。社会的ではないし良くない人間だ。でもちからなくなってしまうと、【悲しくて悲しくてとてもやりきれない】

白い雲は流れ流れて今日も夢はもつれわびしくゆれる
悲しくて悲しくてとてもやりきれない
この限りないむなしさの
救いはないだろうか


深い森のみどりにだかれ今日も風の唄にしみじみ嘆く
悲しくて悲しくてとてもやりきれない
このもえたぎる苦しさは
明日も続くのか

Fairy Dance~KOKIA meets Ireland~

Fairy Dance~KOKIA meets Ireland~


   

ユメノ銀河

 夢の話。
 短歌や詩歌、文藝の批評論についての問題論をレポート用紙に纏めて、そこにいたにゃんしーさんに観て貰っているうちに、人類の一種のひとの考え方への問題提起まで書き込んで、にゃんしーさんはそれを読んでふむふむとか云っていたけれど、肝心のその問題論や提起を、夢のなかへ忘れてきてしまったので、起きてからは何の得も無い。
 夢ではよかったのになあ。損だなあ。
 と、思うとともに、睡眠中も頭働かせまくりなんだな、と思うと、それはそれで問題である。


 また観た。

 

ユメノ銀河 [DVD]

ユメノ銀河 [DVD]

   
   
    

ぱらいそ

 

 8月9日午前11時2分。ナガサキプルトニウム原子爆弾

 核兵器所持の国家がどうのこうのではなく、人が人を殺すことはいけないというより異常行為である。あなたは隣にいる人を殺すことや、隣にいる人から殺されることを想定して許すか? 許さないと思う。喰うか喰わないかであって命を奪うことについては同等なので、殺人はカニバリズムに等しいと私は見做す。死体を蹴ろうが無下にしようが喰おうが同等だ。そう云えば分かって貰えない人にも少しは伝わるだろうか。
 そして大量殺戮兵器が合法に使われるなら、尚、この件は。

 ちなみに、第一投下目的は小倉市だった。新幹線に乗っていた頃の、あの、「こくらーこくらー」という響き。

 

八月がくるたびに (新・名作の愛蔵版)

八月がくるたびに (新・名作の愛蔵版)


   

短詩会と通販と疲労

 ぜひぜひしています。是非是非って感じですが違います。這い蹲っていますが変態的な態勢ではありません。床に這い蹲っ荒い息をしているのですが変態的なことは何もしていなくて、ただ草臥れています。何を書いているのでしょう。
 短詩会を作ったことと、短詩会に関連して短歌投稿ブログ&ネットプリントを作ることを決めたので、はてなブログのアカウントを取りました。短詩会のwebの公開はのちほど……。

 yu-ei.hateblo.jp

 デザインなどはまた考えます……。
 今日は締切が2本あって、それは私が多忙な人間だからではなくたださぼっている時期が多い、というそういうことなので、悲しい……悲しくてもさぼったのは自分なのです。

 昼間そんなにくたばっているわりに夜は暑かったり気分が茫々として眠れないのでこんな写真も撮れてしまうのでした。
 4:44のキャプチャは逃したあと。もう日が登るのが遅くなりましたね。

 

 あと、通信販売のメールフォームをふたつ作りました。webサイトからも貼れるのですがここに貼っちゃいます。自分でPHPでフォームが作れるまであとどれくらい掛かるのでしょう……(自分の努力次第です)goo.glgoo.gl

 白昼社は、ここに不完全なサイトがあります。レスポンシブデザインという沼に嵌ってから詰みました。necotoco.com

 こういうのはきちんと済ませてからお仕事ブログに貼れば良いんですけど、個人日記ブログに書き込んでいるのは、私! これ! 仕事した! という自己満足の為です……それだけです……

 お仕事ブログはこちら。よかったら読んでくださいね。(はてなな方はもしよろしければ読者登録もしてくださいね)lier.hatenablog.com

 そんなこんな日記。病院に行く前に床にくたばっていて、家人に薬を受け取ってきて貰うという大変悪いことをして凹んでいます。明日は朗読バーに行きます。

   

今、颱風がきて〜君は〜

 颱風がきて〜朗読バーが〜流れた〜。
 颱風に流されたわけではなく。
 Common Bar Singlesという日替わりマスターのバーで、今日は池上さんの朗読バーだったのですが、大阪に警報が幾つか出たので開催中止になりました。朗読バーは久し振りだし根菜カレーがあるとのことで楽しみだったので残念です。というか、草臥れているので夕方まで体力をチャージする(といううとうとする)ことをしていたのですが、夕刻も疲れていてまた眠っていました。
 こういうときはこう云えば良いのです。「低気圧つらい! 低気圧つらい!」

 私の末の弟は、twitterに低気圧の日だけつらさを書き込む「低気圧女子」を提唱していました。シヴィアな奴です。

 雨はそんなに酷くないのですが風が激しく、そんななか、「単三電池が無い」というちょっと地味ながらも深刻なことで困ったりしました。

 www.singlesfan.com

 Singlesは……良いところですよ……!

 


 相対評価

  

2017.07.19 book

町の書店で買うとエラいのか問題

 ネットショッピングで書籍を買わずに町の本屋さんで注文して欲しい、っていうのはweb上でときどき見掛ける声だけれど(というか私はTV新聞ラヂヲと関わっていなくて知り合いと直接会話することも殆ど無いので、web上でもそうですが、という言い回しってなんだか変)私は子どもだった頃、欲しい本の書名を近所の書店に伝えると毎回大儀そうにされた記憶があるので、アマゾネスになってしまった一因かも知れない。誰が悪いとか何は良いこととか何処にも無いだ。
 でも町の書店とは本好きが欲しくなるような本を揃えるのが好きな書店かというと、そうとは限らないと思うの。『はれた日は学校をやすんで』をその書店に注文に行ったときはその書名を頼む子どもだから叱られた。いいじゃんかよ。
 
(今日は、昨日の不眠を解消しようとしたら解消どころか30時間超えで眠れない、やっと眠ったら2時間で起きた、という睡眠に関してはまたわりと散々な感じです。ですが、あまり睡眠の話をすると知人が「眠れさえすれば元気になれるのにね」と云ってきて、それは現実とは異なるのであまり眠れない警報を出すのもよろしくないなあっていうこれはそういう方面の愚痴です。)

 

はれた日は学校をやすんで (双葉文庫)

はれた日は学校をやすんで (双葉文庫)

あと芥川賞直木賞決まりましたね。

 沼田真佑さん『影裏』(文學界5月号)
 直木三十五賞佐藤正午さん『月の満ち欠け』(岩波書店)となった。

 

影裏 (文春e-book)

影裏 (文春e-book)

月の満ち欠け

月の満ち欠け

  • 第157回芥川龍之介賞候補(敬称略、五十音順)
    • 今村夏子「星の子」
    • 温又柔「真ん中の子どもたち」
    • 沼田真佑「影裏(えいり)」
    • 古川真人「四時過ぎの船」

 

星の子

星の子

真ん中の子どもたち

真ん中の子どもたち

 
あとは野となれ大和撫子

あとは野となれ大和撫子

BUTTER

BUTTER

 知っていたのはこの辺り。今月は今村夏子『あひる』を読んでいます。
 こう云う発言は良くないんですけど容姿や経歴に話題性を求めない受賞回は良いですね。デビュー作で芥川賞っていうのも好きです。でも直木賞受賞作が多く売れるようになるとしたら、岩波書店ってどうやって配本するんだろう……。


   

      
    


      

2017.07.18 :夢日記

今日の仕事

 編集している他作家と改稿について遣り取り。それから、尼崎文学だらけのフライヤーが届いた。

夢。

 18日1時に寝たら2時間後に目覚め、日中少し寝てしまって長くディープな夢をみるという、睡眠に関しては散々な1日だった。でも3時に起きたら、twitterで久々の方と対話が出来たのは嬉しかったこと。元気でいらっしゃって欲しい。

 長くディープな夢、というのは、先ず現実にはもう亡くした友人との交流。舞台は実家なのだがそれはアメリカの郊外の家のような作りで、そのうえ実在の私の両親とは無関係な私の親として設定された人物と、彼らが互いに重婚している家族が離れに住んでいる複雑な設定なのだが悲愴感のある家庭というわけでもなかった。アメリカ郊外式の家はちょっと楽しかったし、出てくるお菓子も米国っぽい。その家で、友人とお茶をしてお菓子を食べたりしている。

 脈略無く友人との話は終わり、その家で屋根裏のドアから数人が押し掛けてきてドアを割ろうとし、抵抗するものの、それは私がAmazonのクリックで何らか間違えたことが世界的条約に反した(生物の保存に関する条約。ワシントン条約的なもの? 勿論現実のAmazonではそんなことは起こらない、たぶん)ということの為だと知って心当たりのある私は折れる。彼らは遺伝子情報などの為に屋根裏から部屋に入り込んで家中を器具でスキャンし、結局父が私の分の罰金を払うことになる。私と友人との交流時期に合わせて夢のなかの舞台はティーネイジャの頃になっているので、父が3万円ほど私の肩代わりすることに話は纏まるのだが、起きてから考えると、世界的条約に反したくせに3万円で良いのか?(高く払いたくなかったけど。いや夢だけど)

 場面転換。

 やはり私は現実と同じように友人を喪っている日々を過ごしている。以前カトリック信者の親を持つ生徒が聖書や人権に関する書を読んだり祈ったり交流したりした「黙想会」の合宿所に、自分と他の友人たちとまた黙想会の同窓会に向かう。シスターがかつての黙想会と同じように付き添っているが、どうにも無能力で、引率者とはとても呼べない。どうもあのときのシスターとは違う人のようで、気分的に較べてしまう。そのうえ、何か歌を唄う現場になって歌唱力を使って歌うと、シスターはへなへなにしょげてしまう。たぶんジュリー・アンドリースの曲だった。

 合宿所はかつての清廉な祈りの家とは違い、ある種の宿泊施設だが到着した生徒たちは嬉しそうに待望のカラヲケルームに入る。が、そこはそこ「黙想会的な同窓会」なので、カラヲケで歌うような流行歌などは登録されていなくて、端的に云うと、しけた曲目だった。

 このままお喋りしているとシスターに叱られるんだろうなあ、というあの合宿定番の夜が過ぎ、朝、黙想会コースとは違う楽しげな合宿コースに同じ施設に来ていた友人が私を部屋まで呼びにきて、朝食の部屋へ連れていってくれる。簡易ながらビュッフェ形式で、レーズンパンをトースタで温めたりした。ほうれん草パンだったような気もする。胡桃パンもあったような……。

 場面転換。

 「手を洗うときに聖歌を歌いましょうと教会で帰るときに言われたので、僕と弟は帰って手を洗いながら『大波』を大声で歌っていたらお母さんに叱られました」

 というような文章(夢のなかではそれは本や紙に書かれた文字ではないのだが、文章であって、ト書きを読む感覚に近い)を読み、楽譜を捲る。これをいきなり大声で歌いながら手を洗うことにしたら叱られるだろうなあ、と思う朗々とし過ぎた歌である反面、こんな歌詞だっけ? と疑問を覚える。

 そこで目が覚めた。

 「大波のように」(現実では「大波」ではなかった)は現実には夢に出てきた歌詞とタイトルではなかったと思い出す。「黙想会」は実際中学1年のときに参加した合宿である。夢とは全然違うのだけれど、夢のなかの私はその体験の記憶を元に、シスターの引率に不安を覚えたり、カラヲケに何だこれはと思ったり、しけた曲目に、そうそう黙想会な場所だから仕方ないのよね、と感じたのだな、と思った。妙にカトリック的な要素が多分な夢であった。
 というか、一般の日本人のwebに「中学の頃祈りの家で黙想会をした」という文面を書き込むというのはどういう印象を与えるのだろう。私は世界三大宗教のうちのキリスト教徒の親の元に生まれたからこんな態度で生きているけれど、もしそれが人に訝しがられることがキリスト教より多い宗教だったら? と、自分がミッション系であることを公にする都度反駁してしまう。どちらも偶然その宗教の元に生まれただけなのに、私は態度がでかい、それは悪いことをしている、と思う。が、信仰心は、ある……。善人ではないので浅いけれど、ある……。

 亡くした友人は、夢によく出てきてくれる。淋しいよ、などと彼女も私も云うことは無く、哀しみの記憶として蘇ることも少なく、私と彼女は夢で逢うときは楽しく遊ぶことが多い。
 一度親御さんに「〜〜ちゃん、よく夢に出てきてくれるんです。笑ってます。『今は元気なの?』って訊いたときは『楽しいよ』って笑ってる」と云ったら、親御さんは「あの子ったら……そうなの、あの子ったら」と若干苦笑するように、でも微笑んでくださった。
 本当は、「出てきてくれる」のではなく、「私が夢でみている」のだ、たぶん、それが通常の認識だ。楽しいよ、と云ったのではなく、私が、彼女がそう発言する夢をみた、のだ。そう認識するべきなのだろうか? 本心を云うと、判らない。私が勝手に無意識下で、私を淋しくさせなく、悪いことをしたことにしなく、加工してしまっているのが、本当のことだというと、それはそうだ。

 朝、Amazon定期便の今月の注文から、キャンセルしたり個数や送付の頻度をを増やしたり減らしたりした所為で、Amazonをクリックしたら国際規約違反を侵したなどという展開の夢をみたのだ、という分析。なんとも単純な無意識である。

 

スパゲティ小説でも読もうよ。

(今日は朝食も夕食もスパゲティを食べました。バジリコのパスタソースは素晴らしい。私がみどり色のものを食べられるようになった大人になったことも素晴らしい。むかしは食べなかっただろう)

ゆで パスタ調理 ケース ベーシック キユーピー Italianteバジルソース 150g

(電子レンジのパスタ調理器、今までの熱湯を沸かし暑い暑いと思いながら何分間も茹で、熱い熱いと思いながら湯切りしていたのは何だったのか解らないほど便利です。私の場合電子レンジで水から沸騰させるまで電力を使うのは勿体無い気がするので、電熱湯沸かしで沸騰した湯で電子レンジで速攻茹でます。スパゲティ美味しい。村上春樹を馬鹿にするな)

カンガルー日和 (講談社文庫)

カンガルー日和 (講談社文庫)

 
カンガルー日和 (1983年)

カンガルー日和 (1983年)