Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

薄荷塔日記

飛び石を渉れない。

tap-tap


 眠れない、食べられない、外出出来ない、冷静になれない、という状況で、夫に「すみませんが1時間早く帰れますか」とLINEをした駄目な人間。であるところの私。というより最低限の冷静さが、連絡という手段だけを行使出来た。
 薬を変える為に一時減薬したので参っています。それから摂食障害とまではいかないのですが、私は元々、独りでいると何を食べて良いのか分からない面があります。自律しろよ! って感じですが、これでも高校を出てから数年間独りでごにょごにょ生きていたし、衣食住の補助をして貰う為に結婚したわけではないので、(夫に依存しているひと)みたいな風に蔑視されると憤慨してしまうのですが、頼ってはいますね……。そして助け合いとかそういうものがよく解らないので、申し訳ない・私はよろしくない・悪人である、と思います。認知か? 認知の歪みって語、ちょっと流行してます?

 夫に食事を買ってきて貰い、それとは関係無く予定通り通院。今日は医師が初めて私に医療的行為をしたのでびっくりしました。と云っても「セロトニン症候群かも知れません」と云ったら腕をコンコン叩かれただけなのですが。

 前に別件で「今まで一度もその質問をしたことないですよね?」と問うたら「一度もってことはないでしょう一度も!!!!!!」と激昂されたので、初めて医療的行為をされましたという表現も見つかったらぶち切れられると思います。精神科によくある話でしょうが、だっていつも前回と同じ処方箋書いたことしかないじゃんね。それにしてもリチウムを摂取している電池人間の私が「そろそろ血液検査で〜〜の値とった方が良いと思います」と定期的血液検査のことを提示して初めて「それは良いアイディアですね」とか云うキミのことなんて知らない。
 その、以前問い詰めた回の通院日は、診断書やらなんやら全部違うではないかと指摘した私と医師の対決のような問答の日で、診察室の外まで医師の文句と言い訳の怒り声は響き、私は醒めたツラして「そういう喧嘩みたいなの止めません?」と云い放ち、いつも口も利けないような容態の私が詰問対決をしたあと、翌日から数日間寝込んだのでした。何だよその被害。

 帰りにカマタ商店に寄ろうとしたら、もう暗くなっていました。夜になって仕舞いになったようです。残念。明日は京都のカマタ店に行きます。大阪のカマタ商店はカマタさんのお母さんが、カマタ店にはお兄さんご夫婦が経営していらっしゃるのです。